検索
  • Shimizu Yoshiko

ジョージ・クラム作曲 マクロコスモス第3巻 夏の夜の音楽(2台ピアノと打楽器のための)から第5楽章「星降る夜」の冒頭サウンドです。ピアノは清水美子が一人二役で2台ピアノを演奏しています

更新日:10月2日



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「ジョージ・クラムの 90 歳の誕生日に寄せて」 8 月のある日、半年ぶりにクラムに電話をした。もしクラムが元気でなかったらどうしよう、という一抹の不安もあったが、最初に電話に出た奥さんのエリザベスの明るく元気な声、そしてクラムのいつもの優しく穏やかな声にほっとした。「ぼくはようやく Metamorphoses の第二巻を書き終えたよ!」とクラムは言った。彼は数年前から新作にと りかかっていたのだ

私が最初にマクロコスモスと出会った時のことを、私のCDのブックレットにエッセーとして載せました。それをここにご紹介します。 「思い出の日」清水美子 ある日、大学生だった私は、東京にあるアメリカンセンタ ーへ立ち寄った。当時はちょうど海外留学を考えはじめて いた時期で、アメリカの音楽学校について情報収集をす るのが目的だった。同センターに入るなり、ロビーの近く に文化紹介のコーナーがあるのに気づいた